はりま粒友クラブ

兵庫県立粒子線医療センターで治療をうけた患者の会

はりま粒友クラブとは
 
私たちは、兵庫県立粒子線医療センターで治療を受けた患者の会です(家族も入会できます)

 2006年春に発足しましたが、その後に亡くなった方も多く、今では会員数は約50人になっております。
私たちはこれまで3カ月に一度、神戸で例会を持ち交流を深めるとともに情報交換を行って参りました。例会には鹿児島など遠隔地からも参加されています。
「はりま粒友クラブ」が誇れることは、メンバーの情報やアンケートなどを積み重ね、治療後の経過について正確な情報を把握していることでしょう。それは、兵庫県粒子線医療センターが発表しているものと同じではないかもしれませんが、私たちの実状でもあります。

* 粒子線治療を終えた後、いろんな形で晩期障害などが現れてまいります
* 再発、転移も少なくありません(メンバーの多くが、再発、転移しました)
* 一人で悩まず、私たちと一緒に考えましょう
* 病院などが対応できないことを、私たちで助け合っていきませんか

一人でも多くのご参加をお待ちしております。